ふるさと館情報 Vol.21 ふるさと館情報 Vol.21

こんにちは このところ、気温が急に下がり始め皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 ふるさと館のエントランス部分に大輪の菊がお客様をお待ちしています。 今年も町井様よりお貸しいただきました。 18輪、直径30cm弱にもなる花はとっても大きく立派です。 毎日癒されているスタッフでした。 それと、綿の木から天然の綿の収穫期を迎えています。 私スタッフの失敗談ですが、収穫の際室内に、根っこに近い部分で切りました綿の木を持ってまいりました。デスクの上におき、乾燥させるために茎をしばりいざ 外へ出そうと持ち上げた時です。・・・・・ありの大群が!! スタッフ総出で、ありとの格闘でした。本当にご迷惑をおかけしてすみません。…っと横道にそれました。 天然綿はとてもふわふわで小さいですが触るととても気持ち良いものです。 玄関に飾ってあるので是非ふるさと館まで足をお運びください。 館内案内です。 四季の写真を横目に進むと、高橋まゆみさんの大きなパネルが飾ってある座敷があります。 ここにも昔懐かしい、いろりや鉄瓶、お手玉、あやとり等々おいてありますよ。 友の会会員様より干し栗をいただきました。保存食に昔つくっていたそうです。 そして市民学芸員の方より、おにぐるみとひめぐるみ(見たら違いがわかりますよ)が籠ひとつあります。くるみも食用で、香ばしくておいしいですね。 今日はこの辺で。 皆さま風邪などひかれませんようお気を付けください。 ごきげんよう…

続きを読む

ふるさと館情報 Vol.20

少し、小話です。 ふるさと館に入ってカモシカコーナーを過ぎると壁面に飯山の四季のパネルを貼ってあります。ここ飯山の四季は比較的はっきりしていて景色もさまざまです。 春の菜の花、夏の山の緑豊かな景色、秋の稲穂、お祭り模様、冬の雪景色・・・。 桜、あじさい、そばの花、イチョウ そこで「菜の花まつり」をpick upしてお話したいと思います。 長文になりますが、最後までお付き合いください。 遡ること1983年(昭和58年)、最初は「農業青年クラブ(4Hクラブ)」のイベントとして始まりました。 最初は飯山市立東小学校グラウンドで行ったそうです。 現在の菜の花畑の土地は、もともと営林署の育苗圃の土地でした。そこを市が買い取り今に至ります。 今年第36回を迎えることが出来たのも、多くの方のご尽力があるおかげです。 特に「菜の花をさかせるかい」の方々のおかげと言っても過言ではありません。 5月の刈り込み、6月に耕し(3回ほど)、9月の種まき、草刈り。 GWに満開を迎えるためには、異常気象の昨今決して簡単なことではありません。 1992年(平成4年)から発足した会も、ずっと作業を継続しています。ありがたいことです。 「菜の花をさかせるかい」のかいが平仮名なのは、毎年お客様の笑顔に励まされ「また来年も花をさかせるかい…」と言う意味もこもっているそうです。 又、2001年(平成13年)には小沼地区で「花咲く会」も発足し遊休農地を活用した大規模な菜の花畑つくりに取り組まれています。…

続きを読む

台風19号関連事由

台風19号により被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧をお祈りいたしております。 お忙しい最中、お伝えしたい事がございます。 チラシに書いてあるとおりです。 ご協力お願い致します。 水に浸かった資料のクリーニング等で今後も末永いご支援を賜りますよう、併せてよろしくお願い申し上げます。

続きを読む